Pocket

データをバックアップしていなかった為に起きる悲劇

今から8年目の出来事です。
始めたばかりのアフィリエイトで、一生懸命に頑張ってブログを
作っていました。

いつものように、画像データを集めたり文章を書いたり作業を進めて
何気なく保存しようとしたと思うんですが・・・

パソコンが思いっきり固まってしまいました!!

今までも何かしらのタイミングでフリーズしたこともあったんで
又、再起動でもすれば治ると思ってました。

ところが!です。

なんか様子が変です。
何をしても起動しないし、全く反応しなくなってしまったんです!!

せっかく頑張って作ったブログやデータ、それといろんなサービスや
登録サイトのIDとパスワード等々・・・

冷汗がたらり・・ちびまる子状態でした。
メカには詳しくないので近くのパソコン屋さんに駆け込みました。

・・・・結局、ハードディスクが壊れたなんかで全部パアッ!!

一部何とか復元できたデータもあったんですが、肝心なものは
すべてダメ!になってしまいました(泣)

パソコンは便利です。
パソコンがなかったらいろんな面で大変です。

そんなパソコンがある日突然、Windowsが起動しなくなったり、HDDが故障したりということが起きます。

大事な文書や記念の写真などが、消えてしまった・という経験をお持ちの方でしたら十分理解できるでしょうが、その悲劇を味わったことのない人にとっては実感として、分からないでしょう。

パソコン内のデータで無くなったら困るというデータや、仕事で使う重要なデータは、CD-RやDVD、外付けハードディスク、USBフラッシュメモリーなどにコピーして保存しておく必要があります。

このようなデータを保存できる機器や場所をストレージやメディア、媒体といいます。

外付けハードディスクやUSBフラッシュメモリーでは、USBでパソコンにつなぎマウスでドラッグ&ドロップすれば簡単にコピーできます。

こうしたほんのわずかな作業、数分の作業が、明暗を分ける時があります。

バックアップとは、データをコピーして別のものに保存しておくという意味です。

パソコンにあるデータを移動させるのではなく、パソコンにあるデータをコピーしてそれを他のストレージ・媒体にも保存するというのが正しいバックアップの方法です。

ここで気を付けなければならないのが、バックアップ先の媒体だって機械です。
バックアップしたストレージ自他が壊れることだってありますので、CDやDVDのみ、USBフラッシュメモリのみデータがあるというのは、正確にはバックアップにはなっていないのです。

それでも、すべてが一度に壊れるなんていう事は稀なので、データのバックアップは必ずこまめにとっておきましょう。

身近で簡単なバックアップ先

身近で簡単なバックアップ先としては、USBフラッシュメモリや外付けハードディスクがあげられます。

USBフラッシュメモリといえば、以前は256MB、512MB、1GBなどの容量だったのですが、最近では4GB、8GB、16GB、32GBなどが主流です。64GBのUSBメモリも登場しています。1GB=1024MBです。

数年前とは比較すると、大容量になってますし価格も安価になっています
一番おススメなのは外付けハードディスクですね。

文字通り、パソコン本体に別のハードディスクを繋いで、データ保存する機械です。(まんまですね・・)

容量も大きくUSBフラッシュメモリなんかのGB・・ギガバイトからTB(テラバイト)と容量単位まで変わってきます。

難しいことは抜きにして、とにかくたくさんのデータが保管できますし、衝撃にも強いし安心感が違いますので、アフィリエイト用じゃなくても是非バックアップは取っておきましょう

その中でもおすすめなのがこちらです。
性能面・価格面でも一番手頃かと思います。